拒否や否定的感情に対応するコミュニケーションセミナー


NLPを使った相手に合わせる話の聴き方接し方について

 

 


□ 拒否のある患者さんとのコミュニケーションに困っている。

 

□ 否定的な感情を向けられた時の対処法を知りたい。

 

□ リハビリを嫌がられた時の対処法を知りたい。

 

□ リハビリにモチベーション上がらない患者さんのやる気を引き出したい。

 

 

このようなお悩みをお持ちのセラピストのために今回このセミナーを企画しました。

 

 

またこのセミナーは患者さんとの関係に悩む方だけでなく、


同僚や先輩後輩、他職種との関係。

 

特にこういった人との、

 

否定的な関係や感情をぶつけられた時の

 

対応に悩む方にも受けていただきたいものとなっております。

 

 

今回は拒否や否定的な感情をぶつけられた時の対処法として、

 

 

まず第1に相手を理解するということを取り扱っていきます。

 


相手を理解するために、

 

まず相手の抱いている課題や考えを

 

読み取るためのコミュニケーションスキルを紹介いたします。

 

 

 

次に、拒否や否定的な感情。その背景にある物を理解する。

 

ということをしていきます。

 


人は、どんなに非合理的だと思われる行動であっても、

 

その行動の裏にはなんらかの肯定的な意味があります。

 

そういった相手の行動を読み解くヒントをお伝えいたします。

 

 

 

最後に、セラピストとして、拒否や否定的な感情に出会ったとしても、

 

自分を良い状態でキープし続け、良いパフォーマンスを発揮するための、

 

自己マネジメント方法についてお伝えいたします。

 

 

 

今回のセミナーを学ぶ事で、


拒否や否定的感情を向けられた時に、自分のモチベーションを保つ秘訣を体得できる。

 


拒否や否定的感情を向けてくる方の理解が深まり、

 

より具体的な対応策が取れるようになる。

 

 


などの効果が得られるかと思います。


みなさんのご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 


内容


1)相手に合わせることを学ぶ。

 

・相手の世界モデルを理解する。

 

・ラポールのスキルを使って相手のモデリングを行う。

 

・相手に合わせる3つのスキルについて

 

・バックトラッキングで、相手の言語情報を、整理して理解する。

 

・ミラーリングで相手の非言語情報をキャッチする。

 

・非言語情報をキャッチするためのポイントを学ぶ。視線・姿勢・ジェスチャーなどの情報から相手の状況を汲み取る方法。

 

・ペーシングを使い、相手の話やすいペース。質問しやすいペースでつかむ。


2)抵抗や拒否を理解する。

 

・抵抗や拒否とは何か?

 

・肯定的意図の理解。
(否定的と捉えられる行動にも肯定的意図があることを理解する。)

 

・疾病利得について理解する。
 (病気によって得られるものがあることも知る。)

 

・防衛機制の先取りという考え方。
(失敗を恐れて、チャレンジしないことを学ぶ。)

 

・学習性無気力について学ぶ。

 

・ポジションチェンジを使って相手の状況を理解する。

 


3)自己管理して結果を導く。

 

・試行錯誤を楽しむ自分を作る。

 

・インナーゲームを大切にする。

 

・セラピスト自身の言葉の使い方、思考の傾向が、相手の意識に与える影響について学ぶ。

 

・自分の良い状態とそうでない状態のサブモダリティ

(人が周りの世界を五感を通じて、認識する際に使用する様々な構成要素のこと)の変化について。

 

 

・フューチャーペースをして具体的に現実に対応している自分をイメージする。

 

 


日時:平成30年12月16日(日)10時~16時半
対象:PT・OT・STなどリハビリ従事者・医療福祉関係者など(学生も可)
参加人数:15人(定員になり次第締切)
場所:越谷市コミュニティセンター第4会議室
JR武蔵野線南越谷駅、東武スカイツリーライン新越谷駅 (地下鉄日比谷線・半蔵門線直通)より徒歩3分
http://www.suncityhall.jp/info/post_27.html
 
講師:杉長彬
 
受講料:8000円

 

 

 

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast