平成28年10月23日(日)10時~16時半

 

 

「人に振り回されずに働くためのコミュニケーション術

~人の意見を受け入れつつも自分の目指すリハビリを行う方法~」

 

(タイトル変更しました。)旧タイトル 原点確認で、将来像を描くコミュニケーションセミナー

 

~リハビリセラピストのためのモチベーションアップ講座~

セミナーで使用する資料を事前公開しています!!!

メルマガ読者様限定公開です。

 

メルマガに登録していただき、メルマガ読者様限定ページにアップしてありますので、

ご検討の方是非ご覧ください。

 

メルマガ登録はこちらからです!

 

 

「人に振り回されずに働くためのコミュニケーション術

~人の意見を受け入れつつも自分の目指すリハビリを行う方法~」

 

リハビリの現場では、多くの人が様々な意見を言います。

 

同じ職種の先輩や上司、後輩、同僚。

 

他職種の方。患者様やご家族。

 

いろんな人の意見を聞き、

 

行動していても、

 

自分のやっていることはこれであっているのだろうか?

 

とふと思ってしまう。

 

今回はそのような思いになったことがあるセラピストのためのセミナーです。

 

リハビリの現場で人の意見に振り回されそうになる場面とは、、、

 

例1

 

転倒の危険性のある患者さん

 

看護師さんからは

 

安全にリハビリをしてほしい。無理させたり、歩けると思わせないで欲しい。」と言われ、

 

一方で患者さんからは「もっと自分で歩きたい」と言われる。

 

家族やソーシャルワーカー、ケアマネからは、「もっと本格的なリハビリはできないのか?」と求められる。

 

 

 

例2)

先輩作業療法士Aさんからは、

 

「もっと患者さんの希望を聞いて

 

患者さんのしたい生活を実現できるように関わるように」と指導されるが、

 

そのAさんと敵対する別の先輩作業療法士からは、

 

「患者さんの希望を尊重することも大切だけど、

 

ただ患者さんの言いなりになればいいってものじゃない。

 

そんなことは素人でもできること。

 

専門職っていうのは、患者さんも気づいていなかったような問題点を見つけて、

 

それを共有して改善するものだよ。」と

 

と指導をされる。

 

 

 

例3)

ある先輩からは、

 

「利用者さんの一人一人のニーズにあったような関わりをして欲しい。」と指導され、

 

また別の先輩からは「そんな一人一人別の事をしていたら、とても現場は回らない。

 

人手が足りないんだから、ある程度、わりきってやってもらいたい。」

 

と指導される。

 

これらの例のように、

 

臨床現場では、異なる2つの立場から、違うことを言われ、

 

自分がどのように振る舞って良いのかわからなくなる。

 

こういった場面がよくあります。

 

こういった状況を「ダブルバインド」的状況といいます。

 

今回のセミナーでは、この「ダブルバインド」的状況を、

 

コントロールするコツをお伝えいたします。

 

どのようなことをするかと言いますと、

 

このような状況に陥ったとき

 

「なぜ、自分はこの仕事を目指したのか?」

 

「どのような魅力を感じてこの仕事を選んだのか?」

 

というあなたの原点に注目します。

 

なぜ、原点に注目するのか?

 

それは、最初に自分がこの仕事に魅力を感じた

 

その原点こそが、

 

あなたの行動の指針となるからです。

 

 

 その具体的方法論として

 

今回は、NLPという心理学の考え方の中から

 

ニューロロジカルレベル」の質問と言うスキルをお伝えいたします。

 

 

ニューロロジカルレベルとは、人の意識を、「環境」、「行動」、「能力」、「信念価値観」「自己認識」「スピリチュアル」

 

という6うの領域から捉えていく概念です。

 

このニューロロジカルレベルの質問を利用して、

 

このような状況に怒れた時に

 

自分自身はどこにいて(環境)、どうしたいのか?(行動)、どうできるのか?(能力)どうあるべきか?(信念)どうありたいのか?(アイデンティティー)を確認することで、

解決する方法を見つけていきます。

 

 

そしてさらに、周りの人たちはどこにいて、どうしたいのか?どうできるのか?どうあるべきか?どうありたいのか?を知ることで、

 

相手と調和を図りながら、自分の目指す方向へ仕事を勧めていくコミュニケーションのやり方を身につけていきます。

 



今回のセミナーでは、NLPという心理学に基づいてセミナーを構成しています。


NLPとは神経(neuro)言語(Linguistic)プログラム(programming)の略です。


NLPの考え方は、


人は神経と言語によってプログラミングされており、


プログラミングされたパターンで、現実に反応していると考えます。


ですから、今回のセミナーのコンセプトのような


「異なる2つの立場から、違うことを言われ、


自分がどのように振る舞って良いのかわからなくなる」


このような場面にであったとき、


あなたがついついとってしまういつものパターンに注目します。


例えば、


ついつい人の意見に合わせて、自分の本当に言いたいことを言えなくなる。


だとか、


自分の選択に自信が持てなくなり、「これでいいのかな?」と自分を疑うようになる。


だとか、


自分の意見というよりも、「こちらの意見を聞いた方が良さそうだな?と思うものに従ってしまう。


などなど。


ついつい自分のとってしまうパターンに注目するのです。



そして、そのいつものパターンで行動するのではなく、


他にどんな可能性がありそうか?


本当はどんな行動を自分はとりたいのだろうか?


そういったことを探っていくセミナーとなっております。


 

混乱の中に自分が居る時には、

 

 

なかなか一人ではその原点に立ち返るのは

 

難しい作業です。

 

ですので、

 

このセミナーではワークをしながら原点を確認し、

 

自分の選択に勇気をもつことを

 

目的にしています。

 

 

そこに立ち返ることで、

 

「だって、看護師さんが、○○と言ったから、、」

 

「だって、先輩が○○と言ったから、、、」

 

など、人のせいにするのではなく、

 

最終的に、人の意見を自分の責任で選択する。

 

そのように意識を転換するセミナーとも言えます。

 

 

今までこのセミナーにご参加頂いた方々からは

 

 

「体験型で楽しかった。」

 

「話すことで日頃、考えたことがなかったことに気付けた。」

 

「職場のことなどもたくさん話すことができて、気が楽になった。」などのご感想をいただいております。

 

 

和気藹々とした雰囲気の中、日頃あまり立ち返ることのないご自分の仕事の原点を

 

探すセミナーにぜひご参加ください。

 

 

セミナー詳細

 


「人に振り回されずに働くためのコミュニケーション術

~人の意見を受け入れつつも自分の目指すリハビリを行う方法~」



 

日時:平成28年10月23日(日)10時~16時半

 

場所:越谷サンシティホール第4会議室

http://www.suncityhall.jp/info/post_27.html

 

JR武蔵野線南越谷駅、東武スカイツリーライン新越谷駅 (地下鉄日比谷線・半蔵門線直通)より徒歩3分

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷1-2876-1

 

講師:杉長彬

 

参加費:8000円

 

 

対象:PTOTSTなどリハビリ職者または医療、福祉、介護従事者など

 

 

お申し込みはこちら

 

セミナーで使用する資料を事前公開しています!!!

メルマガ読者様限定公開です。

 

メルマガに登録していただき、メルマガ読者様限定ページにアップしてありますので、

ご検討の方是非ご覧ください。

 

メルマガ登録はこちらからです!

 

 

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast