誉めることに持つイメージ

コミュニケーションにおいて人を「誉める」ということがありますが、


「誉める」という言葉に皆さんはどんなイメージを持っていますか?


「誉める」という言葉に、人によって、いいイメージを持つ人と、


あまりいいイメージを持たない人といるようです。



先日ある人とそんな話をしていたら、


「誉めるっていうと私は無理して、


テンションあげておだてるみたいなイメージがある。」


と話してくれる人がいました。


なるほど。いろんな捉え方がありますね。


確かにそのように、無理してテンションあげて、、、、


という誉め方もあると思いますが、


私はもっといろいろな誉め方を提唱したいと思います。



私は、もっと冷静に真摯に、


「以前と比べてここがよくなっていますよ。」


と伝えていくことも誉めることになると思いますし、


「○○の人柄って本当に優しいですよね。」


と相手を承認するような言葉かけをすることや


「○○先輩のこういうところがとても勉強になります。


いつもご指導ありがとうございます。」


というような目上の人に使う言葉かけ


このようなものがすべて、


「誉める」という範疇に入るものだと思います。



こんな感じで誉めるという言葉の意味をもっと広げて、


いろんな場面で想定していただくと、


コミュニケーションの引き出しが増えるのではないかと思います。


みなさんは「誉める」ということにどんなイメージを持っていますか?

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast