まず目の前の人のやる気を高めようとしてみる

自分自身のモチベーションを

高めるために


私が心がけているコツ

 

 

 

それは自分のモチベーションを

高めようとする前に、


まず目の前の人のモチベーションを


高めようとするということです。

 

 

 

目の前にいる人に、

もっともっとやる気になってもらいたい。


そのような意図をもって、

目の前の人を誉めたり、


いいところを見つけてフィードバックしたり、


意欲が上がるような質問をしたり、


そのような関わりを意識していると、


自分自身のモチベーションも

どんどん高まっていきます。

 

 

 

 

 

例えば、先日私は

とある患者さんとキャッチボールをしていたのですが、


キャッチボールをしながら、

一球一球投げる度に、


「いいですねー」


「素晴らしい球ですね!」


「いい動きですよ!」


「今のすごい!よく取れましたね!」


等のフィードバックをしながら、関わっていました。


すると患者さんもみるみるうちに笑顔が増えて、


モチベーションが高まっていくのが伝わってきましたし、


自分自身もそれをしていてどんどん自分のモチベーションが高まっていくのが、


わかりました。


患者さんのモチベーションを高めようとしたことで、


自分自身のモチベーションも高まっていったのです。

 

 

 

患者さんも自分自身も元気になる。そんな良いアプローチだったなーと思いました。

 

 

そんなわけで、まず自分自身のモチベーションを高めて、いきたければ、



まずは目の前の人のモチベーションを高めようと、関わってみること。



このような関わりがよいのではないかと思います。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast