今日は調子が悪いんだよ。。。その深層にあるもの

リハビリの場面で、


患者さんが


「今日は調子が悪いんだよ。。。」と


話した場合。


みなさんならどうされますか?


多くの場合、「どんな風に悪いんですか?」


と質問をしたい気持ちになるかと思います。


私もそうすると思います。



ちょっとしたことですが、これってとても大切なことです。


「調子が悪い」といっても色々あります。


身体が痛いのかもしれないし、


気持ちが沈んでいるのかもしれません。


もしくは今日面会に来てくれるハズだった家族が、


今日は来なくなったというような話かもしれません。



人は自分の体験を話すときに、


必ず「省略」をさせながら話をしています。

 

 

 

色々な体験をしているのですが、そのことを簡単に言葉で表現すると、


「今日は調子が悪いんだよ」という一言になるのです。

 

 


だからこそ、患者さんが本当はどんな体験をしているのか?


セラピストはそこに興味をもって、


「それってどういうことですか?」


と聞いていく必要があるのです。

 

 

 

しかし、セラピスト自身が忙しかったり、


他の事に気をとられていたりすると、


こういった患者さんの一言一言を気にとめて、


質問をするということを見逃してしまうことがあります。

 

 

目の前の人が本当はどういうことを伝えたいのか?


本当はどんな体験をしているのか?


興味深く質問できるセラピストになりたいものです。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast