怒りはその人の大切な価値観を表している

先日とある会議での話です。


ある職員が仕事中うまくいかないと、


ついつい泣いてしまうという話になったときに


その会議の出席者の一人が


「何その人は!考えられない!許せない!


仕事なんだからちゃんとやってもらなわないと!」


と怒っている場面に出くわしました。



それを見て、私は、この人はこういうところが怒りのポイントなのか!


とわかり非常に興味深いなー


と思いました。




どんな人でもその人らしさが出てくる瞬間というのは、


本当に面白いなと思います。


その人らしさというのは、


感情が現れるときに出てきます。


どこで笑うか?


どこで怒るか?


どこで泣くか?


そういう事がわかったときに、


なんだかその人のキャラがわかってくるところがあって、


面白いなーって思います。

 

 

 

特に怒りを露にして感情を出してくる場合。


これは、その人にとって


とても大切な価値観を表現している場合が多いです。


きっと


仕事で私情を挟むべきではない


とか


仕事なんだからきっちりやるべき


もしくは


仕事なんだから大変なことがあるのも当たり前


などの価値観を持っていたのかもしれません。

 

 

職場で怒っている人を見ると、


「この人怖いな」とか、


「怒ってばかりで嫌だな」とか


ネガティブな感情を持ちがちですが、


その感情を一旦脇において、


この人の大切にしていることってなんだろう?


って考えてみると、心の余裕が生まれますし、


考えの幅が広がって楽しいですよ!

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast