なんでもまずは、やってみる

なんでもまずは、やってみることって大事。


私はよく思います。

 

 

 

先日とある後輩のOTと話をしていて、


「リハビリの効果を測るものとして、


下肢の筋力測定器みたいなのを施設で購入してもらって、


やってみたらどう?」


という提案をしてみたのですが、


「でも、対象者は高齢者なんでやってみたところで、


どんどん筋力が落ちていきそうな気がして、、、


そしたら、お互いにモチベーション下がっちゃうかなって、、思うんですよ。」


と反対されてしまいました。

 

 

なるほど。確かにそういう考えもあるかもしれない。


だけど、そうやっていつもうまくいかない未来ばかり想定していたら、


リハビリの仕事が楽しくないって思います。

 

 

 

人間相手の仕事だから、もちろん思い通りにうまくいくことばかりじゃない。


それに、未来にどんな失敗が起こりえるだろうか?


とリスク回避を考えることも大切だとは思います。

 

 

だけど、そういう思考ばかりでリハビリの仕事をとらえていたら、


仕事が楽しくならないのではないでしょうか?

 

 

 

うまくいくかいかないかわからないけど、


とりあえずやってみる。


うまくいったらいいなって思ってやってみる。


そうやって気軽に実践してみようという気持ちをもって


リハビリの仕事をしたいものです。

 

  

  

 

そのためには、何となく「これでもしかしたらうまくいくかも?」


というような理想的な未来を考える想像力が大切です。

 

 

そして、これは


自分自身とのコミュニケーションを磨いていくと、


だんだんと「うまくいかないかもしれない。。。」というネガティブ思考から


「うまくいくかもしれない」というポジティブ思考に、


思考が切り替わってきます。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast