苦手な人が問題なのではなく、自分の目標が達成できないことが問題

職場にいる自分にとって苦手な人。


そのような人がいるとその人のことを意識して、


気持ちが落ち込んでしまうこともあります。



私は、


職場の人間関係で困った時。


自分はどんな風に働きたいのか?


どんなリハビリを提供したいのか?


自分の目標設定から始めるようにしています。

 

 

苦手な人のことを意識して、


「嫌だ嫌だ」と思うのではなく、


「自分はこんな仕事をしたい。」


という目標を設定してから、


そのために苦手な人と


どのように協力して、


その目標を達成するのか計画を立てるのです。


このように考えています。



こうすると、


建設的に物事を考えていけるようになります。

 

 


職場の人間関係の問題とはなにか?


それは、


苦手な人がいることが問題なのではなく、


苦手な人がいることで、


自分の目標が達成できないことが問題なのではないでしょうか?


このように問題を再定義して、


自分のやるべきことがはっきりさせています。


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast