こんなセラピストになりたい!と考える。

「こんなセラピストにはなりたくない!」


というような強い反発の気持ちが、


自分の成長を押し進める強い力になることってあるかと思います。



「実習地であった先生がとても嫌な人で、


あんなセラピストにはなりたくない!」

 

 

とか


「職場の上司が頼りなくって、あんな風にはなりたくない!」


とかそういう感覚です。


そういう感覚を持っていると、


「じゃあ自分はあんなセラピストにはならないぞ!」と


意気込んで、


仕事を頑張ったり、


たくさん勉強をしたりと、


努力するエネルギーになります。



しかし、それだけでは、どこかで、


「自分の努力の仕方はこれでいいのかな?


方向性はこれであっているのかな?」


って不安になることがあります。

 

 

こういうときは、


こうはなりたくないという


否定的な自己像を持つだけでなく、


 

「こうなりたい!」という


肯定的な自己像を持つと良いのです。

 

 

夢や目標をたてるときは、肯定文で立てることがコツです。


ですので、自分の理想像についても、


こうなりたくない!と否定文で立てるより、


こうなりたい!と肯定文で立てるのが良いのです。


その方がモチベーションが高まります。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast