苦手な人が問題ではなく、阻害されている目標はなにか?

職場にいると一人や二人自分の苦手な人っていたりします。

 

私もいます。

 

そんな方とどう付き合っていけばよいのか?

 

お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

自分が特定の人物を苦手だと思う理由というのは、

 

最初はささいなことだったりします。

 

 

「挨拶しても無視された。」

 

「話しかけても反応が薄かった。」

 

「自分の言ったことを頭ごなしに否定された。」

 

そんなことから、苦手意識というのはできていきます。

 

 

さて、では、そんな苦手な人とどう付き合っていけばよいのか?

 

 

そのポイントは、

 

まず自分自身はその人とどう付き合っていきたいのか?

 

ということを決めると言うことです。

 

対人関係においても、まず目標設定が大切です。

 

苦手な人であっても、その人とどんな関係性を作っていきたいのか?

 

その目標を自分で定めるのです。

 

 

「雑談くらいはできるようにしたい。」

 

「雑談はしなくてもいいけど、必要業務の申し送りだけはできるようにしたい。」

 

「エレベーターで二人きりになった時に、平然としていられるようにしたい。」

 

などその人との対人関係における目標を定めるのです。

 

挨拶しても無視された。

 

話しかけても反応が薄かった。

 

などその人との問題ばかりに注目していても、

 

今後の解決策は生まれません。

 

大切なことは

 

「苦手な人はいるけれど、

 

自分はそんな状況の中で、何を達成したいのか?」

 

目標に焦点を当てることが大切です。

 

そして、その苦手な人もいる環境のなかで、

 

自分はこの仕事をやりきるんだ。

 

この課題を達成するのだという。

 

目標を設定するのです。

 

苦手な人が問題なのではなく、

 

苦手な人がいることによって、

 

自分の目標が達成できないことが問題なのではないでしょうか?

 

みなさんはどう思いますか?

職場にいると一人や二人自分の苦手な人っていたりします。


私もいます。


そんな方とどう付き合っていけばよいのか?


お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?


自分が特定の人物を苦手だと思う理由というのは、


最初はささいなことだったりします。



「挨拶しても無視された。」


「話しかけても反応が薄かった。」


「自分の言ったことを頭ごなしに否定された。」


そんなことから、苦手意識というのはできていきます。



さて、では、そんな苦手な人とどう付き合っていけばよいのか?



そのポイントは、


まず自分自身はその人とどう付き合っていきたいのか?


ということを決めると言うことです。


対人関係においても、まず目標設定が大切です。


苦手な人であっても、その人とどんな関係性を作っていきたいのか?


その目標を自分で定めるのです。



「雑談くらいはできるようにしたい。」


「雑談はしなくてもいいけど、必要業務の申し送りだけはできるようにしたい。」


「エレベーターで二人きりになった時に、平然としていられるようにしたい。」


などその人との対人関係における目標を定めるのです。


挨拶しても無視された。


話しかけても反応が薄かった。


などその人との問題ばかりに注目していても、


今後の解決策は生まれません。


大切なことは


「苦手な人はいるけれど、


自分はそんな状況の中で、何を達成したいのか?」


目標に焦点を当てることが大切です。


そして、その苦手な人もいる環境のなかで、


自分はこの仕事をやりきるんだ。


この課題を達成するのだという。


目標を設定するのです。


苦手な人が問題なのではなく、


苦手な人がいることによって、


自分の目標が達成できないことが問題なのではないでしょうか?


みなさんはどう思いますか?

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast