人の目を気にする性格を直したい!

「人の目を気にしてしまう性格を直したい。」


以前こんな相談を、学生さんから受けました。


人の目を気にしてしまうこと。


誰にでもありますよね。


しかし、その性格も度が過ぎてしまうと、


言いたいことが言えなかったり、


聞きたいことが聞けなくなってしまったり、


問題が起きてきます。



リハビリの場面でいうと、


先輩や上司に、必要なことを質問できない。


患者さんに必要な質問をしたり、


必要な情報を伝えることができない。


そんな問題に繋がります。

 

 

 

 

では、そんなときはどうしたらいいのか?


大切なことは、


「人の目を気にしないようにしよう」と


思わないことです。(逆説的ですいません)


人の目を気にしないようにする。


このような否定文での目標は達成が難しいのです。


否定文で目標を立てると、


「今日はこれだけ、人の目を気にすることがあった、、、」


というように、自分のできなかったことを数えるようになってしまいます。

 

 

 

それよりも、できたことを数えられるような目標を立てる方が効果的です。


例えば、


「1日1つわからないことを先輩に質問しよう!」


とか


「明日は患者さんに○○のことについて聞いてみよう。」


とか。


「感じたことをそのまま話すようにしてみよう!」


とか。


こんな感じです。

 

 

このような形で、目標を立てると、


「今日はこれとこれができた。」

 

 


というように、今日できたことに意識が向けられるようになるのです。

 

 


みなさんもぜひやってみてくださいね。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast