5分でも十分話せる

リハビリの現場は忙しいところも多いので、


患者さんや利用者さんとゆっくり関われない。


そんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?


私自身もそうです。


よくそのように感じています。


しかし、ゆっくり関われるか関われないかは、


セラピスト側の心の持ちよう次第でなんとでもなるのです。

 

 

例えば、今から5分話をしてみてください。


5分でも結構な内容が話せたりします。


ゆっくり関われるかどうかというのは、


時間そのものよりも、


話を聴く自分の状態がどうなのか?


という問題です。

 

 

 

人の話をじっくり聴くという状態を作り出すことができれば、


5分でも十分、中身のあるコミュニケーションができるのではないでしょうか?


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast