説得より納得

職場で後輩に難しい仕事をお願いする場合。

 

 

 

先日以下のようなコミュニケーションをとってしまいました。

 

  

 

私「この仕事やっておいてくれない?」


後輩「えーこの忙しいときにですか?大変ですよー」


私「大丈夫だよ。これくらいできるよ。」


後輩「えー。。。。(困った顔)」

 

 

 

先日こんな感じでした。。


その時はそれで良いかなと思っていたのですが、


何となくその時の後輩の困った顔が記憶に残りました。


今から考えたらこのやりとりは反省点が多いです。


もう少し後輩の話を聴いてあげればよかったなと思います。

 

 

 

 

忙しくなってくると、後輩に仕事をふるときについつい、

 

自分の都合ばかり伝えてしまうことがあります。

 

 

そして相手に懸念されると、


さらに、「君ならできるよ」と相手を説得する形になってしまい、


相手の話をよく聴くということを忘れてしまうのです。


自分の失敗を持って、


改めて「話を聞くことが大切だ」と感じる出来事でした。


 

人に動いてもらうには、説得より納得。


そのためには、まず後輩の意見もよく聴いて、


気持ち的に納得感を得てもらうことを意識する。


そういうことが大切ではないかと思います。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast