認知症などでコミュニケーションがほとんどとれない方とのかかわり

「認知症などがあり、コミュニケーションがほとんどとれない患者さんと、


どう関わっていいかわからない。」

 

 

そんな質問を受けることがあります。

 

 

確かに重度の認知症の方ですと、言葉も通じないことが多いので、


なれないと、どのように接していいかわからないですよね。


自分も初めの頃はどうして良いかわからなかったです。

 

 

実はこの問題は、時間がたてば自然となんとかなる。


というのが、正解で、


私の病院に来た実習生さんを見ると、


ほとんどの子が、実習に来て長くても3~4週間くらいで、


そのような患者さんであっても、

 

 

難なく接することができるようになります。

 


だけど、最初は戸惑います。


なので、私は、


「最初は戸惑うよね。


なにか話さなきゃ。相手の言っている事を理解しなきゃ


って思っていると、だんだん自分が苦しくなってくるから、


まずは、この人の伝えてくれることで、何はわかるだろうか?


と、わかるところに集中するといいと思うよ。」

 

 

とアドバイスしています。

 

 

コミュニケーションの難しい方とのコミュニケーションにおいて、


何を言っているかわからない。。。。


自分の言っていることが伝わらない。。。


とできないところに意識をするのではなく、


この人の言っていることで何はわかるだろうか?


自分の伝えたことで何は伝わっただろうか?


とできていることに意識を向けてコミュニケーションをとるようにすると、


コミュニケーションがとりやすくなります。

 

 

 

 

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast