医師とのコミュニケーション

「医師とのコミュニケーションの取り方  良好な関係になる方法は有りますか?


医師は、診療が忙しくて、報告ひとつにも、気を使います、


社交的な医師には、問題ないんですが、


寡黙な医師だと 距離感を感じ、難しさを感じます。


忙しいために  煙たがれると 次からは、行きにくくなります


飲み会などで、話す機会もない  仕事だけの関係 で、良好な関係を気づくには、何か良い方法をしりたいです。」




さて、今回のご質問ですが、


医師とのコミュニケーション。確かに難しいですよね。


私も病院で働いており、医師とのコミュニケーションの難しさは日々感じております。



このような対人関係をよくする際のコツなのですが、


まず自分自身はその人(医師)とどんな関係を作りたいのか?


自分自身はどのようにその人と関わっていきたいのか?


という自分の目標をはっきりさせることが大切です。



自分の目標?


といわれても、


「そりゃもちろん良好な関係を作りたいよ。」と思うとは思うのですが、


その良好な関係というところをさらに一歩深く考えていくのです。



自分にとって良好な関係とはどんな関係か?


そしてそのような関係を作っている時、


自分自身はどのように関わっているだろうか?



気軽に話しかけていて、プライベートな話なんかも笑顔で話せるような関係なのか?


そこまではいかなくても、必要最低限の事くらいは情報交換をしているような関係なのか?


プライベートな事は一切話さないけれど、仕事のことについては真剣に語り合えるよう関係なのか?


などなど、考えてみるのです。


そして、未来のある時点で自分とその対象の方(医師)が、


理想的な良好な関係を築いて、


あなたと話をしている状況をイメージをしてみるのです。





対人関係で困っているときというのは、


困っている問題ばかりに意識がいきがちです。




例えば、あのとき嫌な顔された。


あのとき煙たがられた。


などの過去の嫌だった体験ばかりを意識してしまい、


自分はその人とどんな関係を作りたいのか?


という理想的な未来をイメージできなくなるのです。





まず、この人とどんな関係を作り、自分自身はどんな風にその人に関わっていたいのか?


という理想的な未来をイメージすることが大切かと思います。


未来のイメージできたら、そのためにまず何から始めていこうか、


考えてみるのはいかがでしょうか?


不思議なもので、このように理想的なゴールから逆算して、


今できることを考えてみると、


「うちの医師は話しかけづらくて困っている。。」


と問題点から出発して悩んでいたときとは、違った対応策が思い付くものです。


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast