退院したい。けど、自信が無い。

リハビリの現場で、患者さんは、


時に目標と問題を両方を、


同時に話すことが多々あります。


例えば、


「退院したいんです。


でも自信がないんです。」


こんな感じです。



「退院したい。」と自分の目標を語りつつ、


「でも、自信がない。」と



自分の問題を同時に話すのです。



こんなとき、セラピストとして、



なぜ自信がないのか?


どんなことに自信がないのか?


聞くことは大切かと思います。


しかし、ここで、この「自信がない」という問題について、


セラピストが聞きすぎてしまうと、


ますます患者さんは自分の自信のなさに


意識がいってしまい、


モチベーションが下がってしまうということがあります。







そんなときは、


もし退院できたら何をしたいですか?


家に帰って最初にしたいことはなんですか?


退院して、ご家族にしてあげたいことはなんですか?


など、「退院したい」という


目標について質問をすると良いです。



目標をより明確に具体的にするような質問をすると、


患者さんの反応がポジティブに変わってきます。


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast