心に余裕を作るためのコツ

「心のゆとりを作るにはどうしたらいいですか?


毎日忙しすぎて、患者さんと心に余裕を持って接したり、


自分の気持ちを落ち着かせたりする余裕がありません。」



こんな相談を先日後輩から受けました。




忙しい現場では、なかなか余裕を持って働けない。



そんな風に感じる人もいますよね。






心の余裕を持つためのコツ。


これは、


「自分は常にベストを尽くしている。」


このような前提を自分の中に持つことです。



とても忙しい現場だけど、そのなかで、


自分はその中でできるだけ、


患者さん一人一人に丁寧に接しているし、


短い時間の中で、もっとも適切な判断をしている。


と自分自身をとらえてみるのです。



このように自分自身を捉えることが何故必要なのかと言いますと、



忙しい時というのは、


忙しすぎて、


あれもできなかった。


これもできなかった。


あの判断は良くなかった。


など、できなかったこと、やらなかったことばかりに、


意識がとらわれがちだからです。



しかし、考えてみてください。


時間が少なく忙しい時間ですので、


ある程度は仕方がないところもあるのです。



そのような状況の中で、できなかったことばかりを考えて落ち込んでいるよりも、


自分は、忙しい状況のわりには、よくやっていると、


今の自分のおかれている状況をとらえ直した方がよいのです。


このように自分自身をとらえてみることで、


いまできていることに意識が向くようになり、


そこから心の余裕も生まれてくるのです。


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast