自分の問題として考えてみる。

最近職場の問題にいろいろと悩みます。



思わぬ職員の退職やある特定の部署がうまく成果が上がらない。


そんな問題がいろいろと上がり、


来年度、どのように、


人事の体制を作っていけばいいのか?


そんなことをいろいろと考えています。





さて、このように職場で


うまくいかないことがあると、


○○さんがよくない。


○○さんがいると仕事が進まない。


と、このように人のせいにしてしまうことがありますが、


こう考えてしまうと、


そこで思考停止になってしまいます。



そこから議論が進まないし、


何もアイディアが出てきません。





その問題に対して自分は、何ができるのか?


もしその問題の原因を自分が引き起こしているとしたら、


それは何なのか?


こう考えてみることで活路が見いだせます。




このように自分事にして考えるからこそ、


解決策が浮かんでくるのです。





問題に対する捉え方として、


自分はその問題に対して


どう対処していくのか?



常にこのような姿勢をとる事は、


主体的に生きていくのに大切なことですね。



これは患者さんにも言えそうです。


自分の病気や疾患を、


人のせいや世の中のせいにしている人は、


なかなかよくなりませんが、


この病気に対して


自分は何ができるか?


と主体的に考られる人は、


回復が早いです。




病気や疾患は大きすぎると、


ついつい自分にはどうにもならない。


と考え、


主体性を失ってしまいますが、


自分はセラピストとして、


患者さんに、少しでも、


自分の力で何とかしなきゃっ!


そんな気持ちを引き出せるようなセラピストになりたいなと


思っております。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast