ホウレンソウ。できたときに誉める。

リハビリの現場で、部下や後輩が、


報告・連絡・相談をしてこない!


このようなことで、


腹をたてる先輩上司って、


結構いるものです。



患者さんの特変のあったこと。


会議の内容、進捗状況。


事故やクレームなどの報告。



「これくらいのことくらい


報告してくれないと困るよ!」



と腹をたててしまうことも


あるかもしれません。



しかし、


部下や後輩が


報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)をできるようにするには、


叱ってばかりいては、部下は萎縮するばかりです。



叱っても叱っても


報告連絡相談ができない。



これを繰り返していると、


部下も上司もお互い、疲弊します。



そんなときは発想を切り替えて、


まずうまく報告、連絡、相談が


できたときに誉める。


このようなマネジメントをこころみてはいかがでしょうか?




まずできていることを誉めることにより、


その行動がさらに増えていくことを目指す。


そういうアプローチです。


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast