やる気のある場を作るために工夫していること

人をやる気にさせるには、どうしたらいいのか?


こういった問題意識を持っている方って、


我々リハビリセラピストの中には、


たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?




リハビリの現場において、


モチベーションの問題というのは非常に大きな問題です。


患者さんのやる気。


セラピストのやる気。


看護師さんや介護士さんのやる気。



こういったものが、医療やリハビリの全体の質に


大きく関わってきます。





さて、人をやる気にするにはどうしたらいいのか?



多くのセラピストやマネージャーが


悩むところだと思いますが、


私の方法としては、


まずやる気になりそうな人からやる気にしていく。


ということを意識しています。 




やる気にならない人に、


「もっとやる気だして!」と


叱咤激励を頑張るよりも、


まずはやる気なりそうな人から、


やる気を出してもらい、


職場全体、病院全体に、


やる気のある雰囲気を広めていく


ということを意識しています。




これは職場のマネジメントでも使えますし、


また患者さんのリハビリ使えます。



例えば、患者さんのリハビリで使うときは、


やる気のある患者さんと


あまりやる気のない患者さんを



一緒のグループにしたり、



一緒にリハビリをすることで


やる気のない人が、


やる気のある人から影響を受ける。


ということを狙っています。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast