そもそもコミュニケーションをとる機会を増やすのだ

リハビリ職のコミュニケーションについて書いていると、


患者さんとどのようにコミュニケーションを取っていくか?


部下や後輩とどのようにコミュニケーションを取っていくのか?


というコミュニケーションの取り方について意識が向けることが多いですが、


コミュニケーションの取り方以前に、


コミュニケーションを取ること自体が大切だなあと


最近よく思います。




先日ある後輩が、あるミスをしたのですが、その報告をしてこず、


後から他のスタッフから


そのミスについて聞いたという事がありました。



その時私は、なんでそんな大きなミスを教えてくれないのだろう。


ホウレンソウがなってない!!


などと思ってしまったのですが、



ちょっとよく考えてみますと、


そのように後輩のことを責める以前に、


自分もその後輩ともっと頻繁にコミュニケーションを


取る機会を取らないといけなかったなー


と反省しました。



後輩に報告させるだけでなく、自分からももっと話しかけていき、


ちょっとしたことでも話しやすい雰囲気を


作っていく事も大切だなと感じたのです。



コミュニケーションはまず、どうやってとるかより、


コミュニケーションを取ること自体がとても大切ですね。


そんなことを思った今日この頃でした。


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast