実習でレポートを書くコツ

学生さんの実習指導などしていると、


文章が書けません。


そんな風に悩んでいる学生さんに出会うことがあります。



文章が書けないと思っている人に指導するとき、


いつも言うことは、


まずはなんでもいいから書き始めてみるといいよと、


指導します。



文章が書けない時って、何も書かずに、


何を書こうかなー?なんて書こうかなーと悩みながら、


パソコンや紙の前で手が止まっている場合が多いのです。


そして少し書いては「ちょっと違うかな?」と思って消し、


また書いては消し、、、


を繰り返しいっこうに文章にならない。


そういう場合が多いのです。


なので、あれはダメ。これはかけない。


など悩んで止まってしまう前に、まずはなんでもいいので書き始めてみると、


その書かれた自分の文字に触発されて、どんどん言葉が出てくる。


そういう体験ができるようになります。





自分の言葉に反応して、さらに言葉が出てくるようになる。


そういう体験です。


文章を直すのは、一通り文章を書き終えてから、


まとめて直せば良いのです。


書きながら直していると、なかなか書けるようになりません。


まずいったん書けるところまで、全部書いてみる。


それが、文章を書くコツではないかなと思います。






そして、同じことが話すことにもつながります。



自分の考えがうまく話せない。


と思う人もいます。


そういう人は話す前にこれから話そうとすることに対して、


こんなこと言っていいのかな?


これで正しいのかな?


など、色々考えてしまってなかなか言葉が出てこないのです。



まずなんでも言葉にして話してみると、


その言葉に反応して、さらに言葉が出てくるようになります。


これは文章を書く時と同じやり方だと思います。



うまくかけない人。うまく話せない人。


まずは思ったことを書いてみる。口にしてみる。


この事から始めてみてはいかがでしょうか?


次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast