未来を想像するためのコツ

3年後、5年後


自分はどのようになっていたいのか?


たまには考えるようにしています。


そのことを習慣にできるよう意識しています。


毎日の生活が忙しく過ごしていると、


一日一日をこなすのが精一杯になります。


3年後、5年後の未来を想像することができると、


それに向かって、頑張ろう!と意欲が出てきて、


日々のコミュニケーションがポジティブになります。




私の、未来を想像するときのコツは、


目を閉じて深呼吸して、


自分自身に3年後の自分はどうなっている?


と問いかけます。



その時、


頭で論理的に考えるのではなく、


なるべく感覚的に自然と浮かんでくるものにゆだねて、


想像するようにしています。




未来のことを考えるときは、論理的に理屈で考えるより、


感覚的に考えた方が、創造力が膨らむものです。



論理的に考えようとすると、


ついつい、こんなことできるかな?


これは無理じゃないかな?


と、できない方に思考が進んでしまい、


良い未来が描けなくなるのです。


なので、まずは深呼吸して体をリラックスさせてから、


感覚的に出てくるものにゆだねて発想を膨らませる。


それが良い未来を描くコツなのではないかと思います。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast