良かったことを振り替える習慣

最近みなさん、


ご自分のことを誉めたいなー


と思ったことをありますか?




リハビリ職は患者さんの良いところを見る仕事であるからこそ、


まずはセラピストが自分自身の良いところを


見つけられることがとても大切だと思います。


忙しい毎日だと、


なかなか自分の仕事ぶりを振り替えって、


ここはうまくやれている。


自分のここはいいところだ。


など考える時間はないかも知れませんが、


意識してこのような時間を作ると良いです。



こういう時間を、


毎日の習慣にするのが良いです。


一日の終わりに、今日の良かったことを振り替える。


仕事帰りの電車の中で今日できたことを振り替える。


家に帰って家族と今日面白かったことについて話し合う。



そういうことを意識して、習慣に取り入れてみるのはいかがでしょうか?



そういうポジティブな習慣を取り入れてみたらいかがでしょうか?



今日も読んでいただきありがとうございました。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast