患者さんの良いところを探すコツ

患者さんとコミュニケーションで、


良いところを誉めるような言葉かけをするといいですよ。


とblogで何度か書いていますが、


なかなか良いところが見つけられない。


そう思う人もいるようです。



患者さんの良いところを見つけるために


コツを一つお伝えします。



私が良くやることは、


最悪の場合と比べて、


今、できていることを見つける。


ということをやっています。




最悪の場合と比べる。


とはどういうことか?




例えば、リハビリにとても消極的患者さん。


こちらからの提案には、


いつも否定ばかりで、


なかなか一緒に目標を持って、


積極的に取り組んでいけない。



こんな患者さんの良いところが


なかなか見つけられない。



こんな場合を考えてみます。





こんなときどうする


でももっと最悪の場合は、


自分と話すことさえ


してくれないだろうな??


と考えてみるのです。





そう考えてみると、


積極的でないとしても、


話だけでもしてくれるだけでも、



ずいぶん頑張っているのかな?


なんて思えたりします。




そうすると、


「イヤーなかなか身体もつらくて、


気持ちも前向きになれないのかもしれませんが、


こうやっていつも私と話してくれるだけでも


嬉しいですよ」


とか


「こうやってやりたくないことは、やりたくない


と自分の気持ちを


伝えてくださるだけで、


こちらとしてはとてもやりやすいですよ。」




何て言う風に、


患者さんに対して、


誉める言葉や労いの言葉が


かけられるようになるのかな?


と思います。





次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast