目標を聞く時の声の高さについて

前回のblogでは、


人に目標を聴く時の、


その人の視線がどこを見ているのか?


に注目してみましょう。



という話を書きました。



今日は、


人に目標を聴く時の

声の高さについての話です。



患者さんとの話において、


「これからやってみたいことはありますか?」




など、


今後の目標を聞くことってあるかと思います。





そんなとき、

それを聴くあなた自身は、


どれくらいの声の高さで聴くのか?



それによって、


相手の反応は大きく変わります。





例えば、

あまりに低い声で、暗いトーンで、


これからやってみたいことは?


と聞かれても、


緊張して気軽に話せなくなっちゃう。



そんなことって良くあるものです。





相手に目標や

やってみたいことを聴くときは、




明るい声が出るようにイメージして、


少し高めの声を出すように


意識すると良いかと思います。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast