相手の立場にたって想像するということ

目の前にいる患者さんの気持ちがわからない。

 

どんなことを考えているのか?何を望んでいるのか?

 

リハビリの現場にいると、そんな思いになることもあるかと思います。

 

そんなとき、患者さんの気持ちを想像するコツとして、

 

自分が患者さんになったとしたら、

 

自分自身はどのように見えているのだろうか?

 

と想像してみると良いです。

 

 

もし自分がその患者さんだとしたら、

 

セラピストはどのように見えるだろうか?

 

どこの位置に見えて、どの距離に見えて、

 

どんな顔をしているように見えるだろうか?

 

どんな姿勢をとっているだろうか?

 

と患者さんの立場から

自分自身の動き、表情、立ち位置、

 

立ち降るまい。

 

などを想像していきます。

 

 

これをしてみることで、

 

新鮮な気付きが起こることがあります。

 

 

 

 

いつも患者さんのいる椅子に座ってみる。

 

いつ患者さんのいる場所にたってみる。

 

 

そしてその位置から、自分の姿を想像してみる。

 

 

そういう簡単なことをするだけで、

 

ちょっとした気付きがあります。

 

よかったやってみてくださいね。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast