嫌な記憶をコントロールし前向きに取り組めるためのコツ

職場で嫌だなと思うようなことがあった場合。

皆さんの場合どうしますか?

嫌だなと思うことを思わないようにしようとするかもしれません。


しかし、そう思わないようにしてもついつい思い出してしまう。

そんなこともあるものです。


このときに自分が無意識に見ている映像を、

自分で操作するというやり方があります。
 
 
嫌なことがあったとき、その時の状況を思い浮かべていきます。

そしてその状況を1枚の映像にするとしたら、

自分の目の前のどのあたりに、

その映像が出来上がるか想像します。
 

 
 
そして、

映像が出来上がったらその映像の大きさを変えてみたり、

その映像が見える位置を遠くや近くに動かしてみたりします。

そしてその映像を自分で動かしているうちに、

その中に自分にとって、さほど気にならない位置や大きさになる場所を探すしていくのです。

このやり方をすると嫌な体験を思い出しても、嫌な感覚が出てこないという感覚を江良得るかと思います。
 
 
 
これは特に嫌な体験をしたときに、

その時の映像が強く記憶に残ってしまうタイプの方に有効です。


今回の話、文章だけだと想像しにくい箇所があったかもしれませんが、

皆さんにとってなにかヒントにしていただけたらなと思います。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast