現状のままでいいのか不安です。

私のコミュニケーションのやり方ってこのままでいいんだろうか?

自己流でやってけど、こんなんでいいんだろうか?


ってそんな不安を抱えて私のコミュニケーションセミナーに参加される方って結構いらっしゃいます。

リハビリ職、医療福祉職にとって、
コミュニケーションのことって、
体系的に学ぶ機会も少ないですので、
ふとしたときに、こんな不安を持つってのもよくわかります。


もし、日頃のコミュニケーションで、私はこれでいいのだろうか?





このような不安に思うことがあったときは、

ちょっと簡単なチェック方法をご紹介したいと思います。




それは、人を見るときに、

その人の良いところに焦点がいくか?

それともその人の悪いところに焦点がいくか?

ということです。



自分が人を見るときにどこに焦点を向けて話をするのか?

ということはコミュニケーションに大きな影響を与えます。

悪いところばかり見ていると、その人のやる気をなくさせたり、意欲失わせるような言葉かけばかりしてしまいますし、

逆に人の良いところに意識がいくようになると、その人のやる気を引き出したり、
その人を意欲的にするような言葉がけができるようになります。



今日の話がみなさんにとってなにかのヒントになればなと思います。

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast