リハビリ職のためのプレゼンテーションの技術

人にうまく伝えるために!

コミュニケーションについてのセミナーなど行っていると、

 

人に伝わりやすく話すのにはどうしたらいいか?という相談を受ける事があります。

 

 

コミュニケーションにおいてもっともっと人に伝わりやすくなれば、

 

仕事もプライベートももっとうまくいく。

 

そんな感じがしませんか?

 

 

 

今日はそんな人に何かを伝える時のコツをお伝えいたします。

 

 

 

さて、人にうまく伝えようとする時。

 

多くの人は、どう伝えるか?

 

という所ばかりに意識がいく事が多いです。

 

何て言えばいいかな~?

 

どうやって話せばいいかな~?

 

そういった意識です。

 

 

 

 

どう伝えるかよりも、大切な事!

 

 

 

しかし、実はそれと同じくらい大切な事があります。

 

 

 

それは、ちゃんと伝わっているかどうか相手の反応をみることです。

 

 

人に何かを伝える時、意外と忘れがちなのが、伝わっているかどうか相手の反応をしっかりみる事なのです。

 

ちゃんと伝えようという事に意識がいきすぎると、

 

 

伝える相手がどういう風に聞いているかという所に意識がいかなくなります。

 

 

 

 

しかし、実はこの事がものすごく大切な事です。

 

 

何故なら明らかに話がわからないっていう反応をしているのに、

 

無理やり話を進めても、ますます話が理解できなくなるからです。

 

 

 

伝える時は相手の反応をちゃんと見ながら進める。

 

 

 

ちょっとした事ですが、意外と見落としがちな事です。

 

人に伝える時にちょっと覚えておくと便利ですよ。

 

では、伝わっていないとわかったら、どうするか?

話をしていて、相手が自分の話に乗っていない。または良くわからなそうにしている。

 

 

こういう時

 

「あれっうまく伝わらない!」

 

 

「自分の話ってつまらないのかな?」

 

 

などの事を思い、話をしながら焦ってしまうっていう事があります。

 

 

 

 

こういう時って、うまく伝わらないと思って、あれこれ言葉を重ねてみてもうまく伝わらず、

 

ますます焦ってしまいます。

 

 

 

 

 

では、どうすると良いのか・・・?

 

こういう時はまず、

 

 

「今の話だとうまく伝わってないですよね」

 

「今の説明わかりづらかったですかね?」

 

 

などの声をかけて、

 

 

話がよくわからないっていう相手の状態を受け入れてあげると良いです。

 

 

 

これは、相手に「わからなかったらちゃんと説明してくれるんだ。」

 

という安心感を感じさせるという効果があります。

 

 

 

 

 

ほんのちょっとした事なんですが、

 

「こっちが分からないのに無視して自分勝手にどんどん話を進めてしまう人」って思われるより、

 

「こっちが分からない様子であれば、一度立ち止まり、もう一度丁寧に設定してくれる人」と思われた方が、

 

 

話の伝わり方ってずいぶん違って来るのです。

 

 

 

そのように声をかけた上で、

 

伝わらなかった箇所についてもう一度説明したり、違う説明をしたり、

 

という事をするとずいぶん伝わりやすくなるものです。

 

 

 

このように相手の状態に合わせてから、

 

自分の伝えたい事を伝えていく事をNLPでは「ペース&リード」といいます。

 

 

何かを伝える時も、相手の状態にまずはペースを合わせて、そこから自分の伝えたい事にリードしていく。

 

まずはペース合わせが大切なのです。

 

 

みなさんも人に何かを伝える機会があれば、ぜひ意識してみてください。

 

相手に合わせて説明の仕方を変える

さて、「わからない」という相手の状態に合わせることはできました。

 

 

 

では、さらにその次、どうすれば良いのでしょうか??

 

 

それは、相手が自分の話が分かりづらい様子であれば、説明の仕方を変えてもう一度説明するという事です。

 

 

そして、そのためには、一つの事を伝えるのに伝え方のバリエーションをたくさん持つという事が良いです。

 

 

 

伝え方のバリエーションを増やそう!

 

 

これは当たり前のような事かもしれませんが、意外と盲点です。

 

 

 

なぜなら、一つの伝え方で上手くいかない場合、「何故伝わらないのか?」という事に意識がいってしまい、

 

他の伝え方をするという事に意識が行かない事があるからです。

 

 

 

では、さて、伝え方のバリエーションを増やすのには、どうしたらいいのか。。。?

 

 

 

伝え方のバリエーションの増やし方に、五感を意識するというのがあります。

 

 

聞き手の五感を満遍なく刺激するような伝え方をする事で、相手にとって理解しやすい説明をする事ができるのです。

 

 

例えば、言葉ばかりで説明をして、相手の聴覚ばかりを刺激するような説明をしていませんか??

 

 

そういった説明で分かりにくいようであれば、図や表を使って視覚を刺激するような説明をしたり、

 

 

実際に、体験してもらいながら説明をするような、相手の触覚や、体感覚を刺激するような説明をした方が、

 

相手にとって伝わりやすいという事もあるものです。

 

 

ちょっとした事ですが、意外と見落としがちな事です。

 

人に伝える時にちょっと覚えておくと便利ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ現場での困りごとページに戻る

 

 

 

リハビリコミュニケーション研究所のトップページへ戻る

 

 

 

 

リハビリコミュニケーション研究所メールマガジンへの登録はこちら

 

リハビリコミュニケーション研究所では、リハビリ職者のためのコミュニケーションに役立つ情報をメルマガにて発行しています。

2日~3日に1回、18時ごろ配信しております。

 

仕事終わりに簡単に読める。短い文章でシンプルな内容です。

 

次回セミナー情報

講師プロフィール

メルマガ登録

ブログ:精神科OTが伝えるリハビリ職のためのNLPコミュニケーション術

リハビリ現場での困りごと

facebookページ

リハビリコミュニケーション研究所podcast

スゴ腕セラピストpodcast